クラブの歴史history

18番からの旧クラブハウス

18番からの現クラブハウス

国際的チャンピオンコースの開設

東京よみうりカントリークラブの正式開場は1964年4月19日ですが、ゴルフ場の真の誕生はこの日をさかのぼること1960年。当時、読売新聞社主であった正力松太郎氏が「国際的チャンピオンコースを開設しよう」との構想を抱き、株式会社よみうりランドにゴルフ事業部門を新設したのが始まりでした。

1961年 昭和36年 東京読売カントリークラブ 仮開場
1964年 昭和39年 東京読売カントリークラブ正式開場
第2回 ゴルフ日本シリーズ開催
(前半2日間を大阪よみうりで、後半2日間を当クラブで開催)
1965年 昭和40年 第3回読売国際オープンゴルフ選手権開催
1966年 昭和41年 第14回カナダカップ争奪ゴルフ世界選手権開催
1968年 昭和43年 東京よみうりカントリークラブに改称
1973年 昭和48年 第1回ワールドレディスゴルフ開催
1980年 昭和55年 会員専用ロッカー、ゲスト用ロッカー設置
1986年 昭和61年 第3回ニッサンカップ ゴルフ世界選手権開催
1987年 昭和62年 現クラブハウス完成
1991年 平成3年 第28回 ゴルフ日本シリーズ開催
(初めて当クラブのみで4日間開催、大阪と隔年開催)
1995年 平成7年 第32回 ゴルフ日本シリーズ開催(以降、毎年開催)
2004年 平成16年 開場40周年 女性用更衣室、浴室改修
2014年 平成26年 開場50周年 ベントグリーン芝張替え
2017年 平成29年 乗用カート運用開始

東京よみうりカントリークラブ

〒206-0822 東京都稲城市坂浜685

TEL:044-966-8800(代表)

FAX:044-954-5005

ページトップへ